スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

・・・な運送会社 

2013/05/21
Tue. 16:35

円安になって控えていた海外通販。
が、どうしてもアメリカで売ってるもので、国内で買うより若干安いからという理由でAmazonUSから購入することに。

関税のかからないものだし、Amazonからなら、普段は1週間も待ってれば着く品物が、待てど暮らせどやってこない。
ついつい今までの通関に時間のかかるものに慣れてしまってるからか、気長に待ちすぎたのも運が悪かった。


どうやら日本には届いてるらく、Amazonが利用するUSの運送会社に日本国内の運送会社&伝票#を問い合わせたところ、日本では佐○が発送を受け持っていた。

佐○のサイトで調べると「営業店へお問い合わせ下さい。」の表示。
電話をするとナント「住所不明」だったので配達できず、しかも営業店に10日以上放置した挙句、「発送元」へ返したから、荷物がどうなってるかは発送元つまりAmazonへ問い合わせろ、だそうだ。

配送伝票にはこちらの電話番号だって書いてあるのに、問い合わせもせず、海の向こうに勝手に返送するとはどういうこと??? しかもAmazon側では「配達中」のステータスのままとまってるわけだし。

あまりにアタマに来て「どこでどーなってるのか調べろ」と言ったものの、納得できずに自分でも調べてみたら、成田の佐川グローバルというところに荷物は更に放置されつづけていることが判明。
(この間私が調べを終えても、佐○は何も分からなかったらしい・・・仕事遅すぎ!)

ちなみに私がAmazonに登録したShipping Addressは履歴をみても全く正しいもので、
「東京都千代田区千代田1-2-3-456(実際はローマ字で海外用表記で書いてます)」と書いあったにも関わらず、
Amazon.com→i-Parcel(USの運送会社)→佐川グローバル→佐○と住所データを受け渡しているうちに
「東京都千代田区千代田1-2-3-46」とマンションの部屋番号の数字が一つ(しかも真ん中の数字)欠落していたというもの。

勘弁してくれ!!
しかもよくある話だとか・・・

この荷物を成田の佐川グローバルから再配達してもらうには、約1000円の再配達料がかかるという。
もちろんこちらのミスではないからAmazonへ請求すればいいらしいが、その手間と時間は帰ってこない・・・。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomipon.blog23.fc2.com/tb.php/990-5a164312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。