FC2ブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

トラオの足 

2013/01/27
Sun. 19:43


大雪の降った次の日(1/15)のこと。
130127-2.jpg

夕方頃だった。昼寝から目覚めたトラオくん、まるで痺れたかのように左後ろ足の様子が変。
ただ、このときは一瞬の出来事で気のせいかな?と思った。

1/16
その程度がちょっとだけ酷くなった。

道路は雪が溶けてアイスバーン状態な場所も多く、公園で遊ぶということもできず、アスファルトの雪の溶けてる部分を選んで、ちょっとだけの歩き散歩しかしていないのにね・・・。


1/17(木)
更に状態が悪化。症状が出るのは寝起き限定で、左後ろ足を数歩歩く時に痺れてケンケンするような跛行をする。
明らかにおかしい。

直ぐにでも病院に行こうと思ったのだが、9月にJAHD用の股関節検査をしてもらった整形のかかりつけ病院は院長先生は木金はお休みということで、そのまま様子をみることに。
股関節や肘膝にはJAHD検査でも全く問題ないのだから、まさかの靱帯か?という不安がよぎる。


1/19(土)
朝から病院へ。
院長先生が足から順に触診をするが、幸い靱帯は問題なし。足首から順に上がって腰まで来たとき、トラオが痛がるそぶりを見せた(ような気がする)

その結果、「軽度の馬尾症候群」と診断だった。
身近に馬尾症候群のワンコを知ってるだけに、ガーンと脳を打ち付けられた感じだった。

初期の場合なら痛み止め+安静にすることである程度症状を抑えることもできるし、時間が経てばまた運動を再開してもいいとのこと。
ただ、状態が悪化することもあるし、1ヶ月しても状態が改善しなければ、手術も考えたほうがいいと・・・。


この日から1週間非ステロイド系鎮痛剤を服用する。


1/22(火)
服用初日から薬が効き始め、この日にはもう跛行はまったくみられない。

130127-3.jpg

1/27(日)
院長診察。
薬は1/25までしか飲んでないが、この日は腰仙椎部分に刺激を与えても反応なし。薬が効いてるからか


取りあえず、2週間ほど引き続き様子をみることになった。様子を見ながらトロット走りまでなら解禁。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomipon.blog23.fc2.com/tb.php/978-e7aa72d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。