スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

修行が必要な指導手 

2012/11/04
Sun. 20:42

我が家から一番近い競技会会場@本部訓練競技会。
出陳料は一番高いけれど、交通費と時間を含めると、結局「安近短」なので、トラオくんとの2度目の競技会に出てみた。


で、初めてやってしまった指導手の自爆。
今までとみぽんがどれだけドナドナになろうとも、指導手ミスだけはやったことなかったのに(涙)

直前まで選択科目が決まらず、最初の申告で、「選択科目の順を教えてください」と科目間違えを犯すまいと、審査員の先生にお願いしておきながら、それ以前なことをしてしまったアホな指導手。


紐付き脚側で初回の仙台の時のような(アレよりは多少マシ 苦笑)な脚側だったので、焦りまくった指導手は、その次の紐なし脚側でナント、いきなり速歩で走り始めるという行動にでてしまった。
最初のコーナー付近に差し掛かったところで、「アレレ? なんで私走ってるの?」と気づいたときには時すでに遅し(爆)

その瞬間オワタ・・・・な競技会。


おかげで今回もその後の科目はお気楽に出来て、どれも(脚側を除けば 苦笑)意欲満々なステキな作業と相成りました。


↑悪夢な脚側行進(苦笑)以外な動画

前日練習で、招呼でやったことのない右回りからの背中で停座をしたのに、今日はちゃんと正面停座もできたし(ちょっと膨らんでるのは直接停座をしようとしかけて「違う違う、正面停座だ」というトラオくんの成長の証♪)、苦手の立止が、練習でも90%の確率で指導手のまん前に出てくるわ、指示前に停座するわで困ってたのが、まぐれでもトラオ的には満点あげたくなるできだったのが、何よりも嬉しかったわけで。



で、今回の講評は、とにかく脚側なお話。

「家庭犬の訓練競技会なんだから、家庭犬としてありえないでしょ、あの位置は。普通に散歩して飼い主のジャマしてどうするの」と、大変分かりやすい表現でした。

そして、科目落としな点には一切触れずにいてくださり、ありがとうございます。

「脚側さえよければ、本当に・・・」とまたまたありがたいお言葉頂きました。
これが毎回続かなきゃいいのだけど・・・(苦笑)

そして、脚側以外の指導手的にはとっても気に入ってる部分は持続しようね。
あとは、秋になってから急におしゃべりさんになってしまったのが、また普通に戻るといいねぇ(涙)
 

たまたま見た同じ組のすばらしいペアは、理事長賞戦なペアだったし、トラオ&とみぽんといとこなワンがこれまたすばらしいしで、久々見た本部はやっぱりいい。
安近短を求めると次回もまた本部になっちゃうのは、トラオペアとしてはいい刺激になりそうなのがいいね!


その前に、指導手は滝にでも打たれて多少のことで動揺しない精神力を身につけようね。


---

審査員:小林洋子審査員
選択科目:遠隔(停座から伏臥)、速歩行進中の伏臥、8の字股くぐり
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

訓練競技会デビュー 

2012/07/08
Sun. 20:12

今回の仙台遠征の目的は、トラオくんのオビデビュー!

訓練競技会なんて2年半ぶり。
規定の科目順も忘れそうな勢いと緊張。
とみぽんとは、それなりに回数だけは(苦笑)出ていたのにね。



もともと無謀な挑戦ではあったが、想定内な状況に陥り、あわよくばな期待は期待で終わり、想定内の結果となった(爆)

唯一想定外だったのは、リンク近くで練習していた人の声に反応してたことか(滝汗)
これも、耳は聞いてるが、気持ちはアッチにいっちゃてる証拠だ。器用な男だこと。


普段の練習ではソレナリになんとかこなせても(少なくとも集中だけはできる)、雰囲気の違う会場でアチラコチラのワンコに気がいってしまい、キョロキョロと方々に気を散らせてくれた本番だったが、それでも招呼や行進中の作業そのもの(脚側は置いておいて 汗)は、とっても素敵な反応を見せてくれた。



↑比較的マトモだった(笑)科目だけ


特に招呼は、呼んだときに指導手にぶつかったり、その後の脚側停座の位置が悪いとか、完璧には程遠いけれど、走ってくる際の地面についた力強い足跡が証明するように、勢いよく走ってきてくれるのは、本当に気持ちいいもので♪


あまりの挙動不審と気の散り方で、特に脚側行進は恐ろしい状況になったけれど、審査員のコメントも予想外なものだった。

アレコレと分かりきったことを講評されるのはやっぱりイヤだなぁと思いつつ、それでも覚悟して(苦笑)お話を聞こうと思ったら、審査員の先生の第一声は、こちらがビックリするくらいの立派な期待をこめた褒め言葉だった。


ちなみに悪いところは「自分でも分かってるでしょ?」と軽く流してくれた。
唯一最後に「そうそう、脚側停座の時に修正するクセを」と細かい指導が入ったくらいで、気持ちのいい講評だった(笑)



そういえば、とみぽんのデビューの時も、とみぽん自身はとっても楽しそうだったんだけれど、ハチャメチャだったんだ(苦笑)

あの時も「犬は可能性がありますから」と一応言ってもらえたけれど、トラオくんもとみぽんと同じ道(=だんだんと訓練競技会キライになってリンクに入るとドナドナになること)を歩むなんてことにならないでね。お願い(祈)






審査員:中口 靖男 審査委員長
92.0点(規定:63.3点、選択28.7点)
選択科目:速歩行進中の伏臥、遠隔(停座から伏臥)、8の字股くぐり

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

久々の訓練競技会 

2009/11/08
Sun. 11:57

訓練競技会なんぞ、去年の12月以降出てなかったが、久々に本部が地元開催ということもあって、申し込んでしまった・・・。

昨日あんだけハシャイでしまい、夜中もお疲れ気味な寝方をしてたとみぽん。
どーなることかと思ったけれど、会場についたらまたはしゃいでた(笑)

まっ、テンションはいいからなんとか持ちこたえてくれ(爆)



脚側行進
久々に紐付きでそこそこな脚側をしてくれた。
紐なしは相変わらずちょい離れ気味だけれど、まぁとみぽんには脚側を上手く教えられてないことを考えれば、ヨシな部類(苦笑)


停座及び招呼
アジのスタートでの待てとは違い、固まって座ってる。
アジのスタート時もこのくらいちゃんと座ってて欲しいねぇ・・・(笑)
最初のときこそ良かったけれど、だんだんテンション下がってきたか!?


伏臥
あら、いつもなら前足から伏せるのに、今日は腰を引いて伏せてる?


立止
これも普段なら前足を動かしての立止なのに、今日はお手本のような後ろ足を動かしての立止だよ!


常歩行進中の伏臥
ここからがドキドキの科目。
とはいえ、とみぽんを信じていいような気がしたから、後ろを振り返らず15m地点まで行くと、無事伏臥してた(ホッ)
しかも、キレイに線上に伏せてるし。
でも、ビデオで見たら伏せるスピード遅かったよ(苦笑)


常歩行進中の停座
怖い科目はココまで。
さっきの伏臥ができてたから、ここも15m地点まで後ろを見ずにいくと・・・
あぁぁぁぁ、立止してる~(苦笑)
って、常歩行進中の立止なんて、もう2年近く練習してないんですけれど(爆)
ただ、リンクサイドにいた人たちの話だと、後ろにいた大型犬の吠え声に反応したらしいとのこと。
私は気づかなかったし、そんなの気にしてたら、服従科目なんてこなせないけれど、ビデオで見ると確かに見事シンクロしてる(笑)

吠えられてビックリしちゃった(?)かわいいとみぽん♪


8の字股くぐり
とみぽん自身科目落としたことに気づいたのか、大好きな8の字でもテンションダウン。
私としては、アジでいうところの1本目のバー落としを見た感じで気負いが取れて、すっかり精神的に楽になったのに(笑)
オマケに競技会では半ばお決まりの、足をひろげただけで立ち上がってしまうミスしちゃうし・・・。あれだけこの練習は何度もしてて、練習では完璧だけに不思議だ。
(ミスの可能性を知っておきながら、この科目をはずさない私って・・・、おバカだな)

股くぐり歩き
急に思い出したかのように、今度は一転テンションUP(笑)
いつもの選択科目でのとみぽんが戻ってきた。
楽しいのが一番だよ♪

抱っこ
今回は極力脚側がない科目を選択してみたく、いつもの咥えて歩くの変わりに、抱っこを選択してみた。
小道具も必要ないのも楽だしね(笑)

抱っこしてたら顔を舐められた。
かわいいね、とみぽん。(親バカすみません 汗)
最後はたしか正面停座→脚側停座のはずだけれど、テンション上がりまくって直接脚側停座してるし・・・。
でも、かわいいから許す!(爆)



そんなわけで、久々の競技会は見事撃沈(汗)

でも、今回嬉しかったことも。
脚側は相変わらずだけれど、脚側停座の位置が過去のどれよりもキレイだった♪
いつも斜めな感じだったが、今回は1科目以外とりあえずまっすぐな位置に座ってた~。

更に、講評でも「相当良かったのに、もったいなかったね・・・」と言われた。
これまでは、大抵「脚側が・・・。」とか「脚側停座が・・・。」で、始まる講評だっただけに、これまたとっても嬉しかった。
もっとも、ビデオ見ると「『相当』というほど、良かったか?」と自分でつっこんでしまったけれど(爆)



終わったことはしょーがないし、またいつか次に出るときには、もっとキレイに脚側できるように頑張りましょう!
ねっ、とみぽん♪





追記:

夕方ゼッケン返却しがてら、再び会場を訪れてみたら、ちょうど理事長賞戦のときだった。
久々に見た本部の理事長賞戦はやっぱりレベル高い!

最近は訓練は参加者が減ったような気がしてたが、やっぱり本部は違うのかな?
参加者も多いし、理事長賞戦ともなると、誰かが抜きん出てるというより、
どのワン&ハンドラーも安定したいい演技をしていた。

やっぱりあーいう脚側がいつかできるようになると、今よりももっと訓練競技会も楽しいんだろうなぁって、つくづく思わされた。


とにもかくにも、またいつかのために、ひたすら長~い脚側への旅が再び始まったというところか・・・(爆)


091108-1.jpg
競技会終了後にメルおじちゃん(父:ロイ 母:ミッキー)とツーショット♪

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

田んぼ競技会 

2008/12/15
Mon. 12:14

寒い寒いとにかく寒いという言葉しか出ないような競技会だった(涙)
朝起きたときからすでに雨。
予報どおりとはいえ、家を出る段階からネガティブ全開ですよ。
場所は大凧。我が家が最後に大凧に行ったのは、今年の2月の大風の中でのアジ競技会。
いい思い出ないねぇ(苦)
昨日は、あの天気ですから、河川敷のグラウンドは、時間の経過とともに、ドロ水で溢れかえる始末。
どこを歩いてもすべる。おまけに田んぼ状態だから足は埋まる。いやはやドロドロですわ(苦)

午前中いっぱい降り続いた雨で、結局タープの中も水浸し。
そして、寒い。体の芯まで冷え切る寒さ。

始まる前からどのワンコを見ても、かわいそ~という言葉しか出ない状態。
練習してても座らない、フセないワンコ続出。
そりゃそうよ、そんなにフセとか座らせたければ、まずお前(←人間のことね)がやってみろってワンコに言われてる気分だったわ(苦)
寒さで震えてる子だっていっぱいだったから、どのワンコもよく頑張ったよね。

とみぽんはというと、雨の中で遊ぶのはOKだけれど、服従競技をするのはまた別の次元。
確かに脚側は汚かったけれどね、何より予想外だったのは、他のワンコと同じようにお尻浮き停座と腕立てフセをしたことかな?
やっぱりとみぽんもイヤだったんだねぇ(苦)
本番前の練習の段階で、アガタかーちゃんから「とみちゃん、お尻汚れてないね」とご指摘を受けた。そういえば、お腹や顔はすでにドロドロになってるのに、お尻の部分はキレイだ(苦)


講評では、「この子は欲が強いから次次こなしたいからお尻が浮いてるのだと思いますが・・・」と言われたけれど、決してとみぽんの服従では、そんなことはない。
確かに欲は強いハイテンションワンコだけれど、むしろ普段、オビリンクの中では、ドナドナが聞こえるほど、腰を落ち着けて動作が遅いタイプ・・・。

昨日は、雨が降ってたからテンションはいつもより上がっていて、招呼なんてめちゃくちゃ速かったけれど、お尻浮き停座だったのはアジのスタート前の心境とは別モノ。

なので、終わってからこのデキだと、ポイントは厳しいなぁと思ったけれど、私の出てた班は3席までしかポイントが出てない状態だったので、ポイントなしのお立ち台というとっても苦笑な状態でのおりぼんゲットとなりました。

でも、ほんとワンコたちはみーんなよく頑張ってたね。
もちろん、とみぽんも偉かったよ~♪


メルおじちゃん(とみぽんのとーちゃんの同胎犬)はこんな悪天候のなかで見事メジャーポイントをゲット&グラチャン完成
しかも、1席!!まさしく有終の美だね♪
081215-2.jpg
本当におめでとう。


さてさて私は、昨日のドロを洗い流すために朝から格闘中です。
081215-1.jpg

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

ナンチャッテお立ち台 

2008/12/14
Sun. 21:57

昨日とはうって変わって朝から大雨。
しかもこの時期だけに寒い。
ネガティブ全開な状況の中での服従訓練競技会ですが、やってくれましたよ、とみぽん!
2部に出陳しての表彰台です。
081214-1.jpg

しかし、ポイントはナシです(爆)
微妙・・・な感動感情を味わってきました。(苦)

[edit]

CM: 3
TB: 0

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。